EST. 2014 - VETERAN OWNED AND OPERATED

Taste Note Vol.3 VANILLA COFFEE ROAST

☕VANILLA COFFEE ROASTの味わい☕

どうも皆様。


記事をご覧くださり誠にありがとうございます。


Taste Note Vol.2はご覧になられましたか?まだご覧になってない方はそちらも是非ご覧ください。


さて、Black Rifle Coffee JapanではBlack Rifle Coffee Companyがお届けするコーヒーの一部をお取扱いしており、LIGHT ROASTからEXTRA DARK ROASTまで取り揃えておりますが、肝心の味の説明が不十分であること気が付きました。


そのような事態を踏まえ、筆者のG-2の味覚目線ではございますがご説明を差し上げようと思います。

MEDIUM ROAST

VANILLA COFFEE ROAST



このミディアムローストは、私たちの中ではすごくタフな人でさえ、ソフトな一面があります。おそらく、リラックスしてアイデアを生むには、花畑に座って、上質な赤ワインを飲みながらモーツァルトを聴くことです(ちょっと、なにを言っているかよくわからないw)。または、フレーバーコーヒーの退廃を楽しんでいる場合もあります。その場合、BRCCには6つあります。 現在、アメリカで最も悪いコーヒーは、アメリカで最も人気のある2つのフレーバー、ヘーゼルナッツとバニラで提供されています。あなたはまだアメリカのコーヒーを飲んでいると確信することができます-フレーバーノートはこの大胆なミディアムローストを圧倒しません。


という商品説明文となっております。VANILLA COFFEE ROASTはコロンビアの豆をシティロースト程度に焙煎しているものにバニラフレーバーの香料を足し算しております。

コロンビアの豆をシティロースト程度の焙煎具合に仕上げているため、酸味が表に際立ち、味わいの奥の方に奥ゆかしい苦みがあるという味わいになっております。また、その味わいにバニラの香料がさらに後押しをしてくれているため、コーヒーでありながらコーヒーとは一歩離れた味わいを感じることができます。


※甘味料を足すわけではなく、香料を足している商品です。甘味料由来の甘味は無く味わいはコーヒーの味わいとなります。


袋を開けて臭いを嗅ぐと、芳醇なバニラの香りとSILENCER SMOOTHのような軽やかで酸を感じる香りを味わえます。


どっしりとした苦みよりも、ごくごく飲める軽やかさや柔らかい酸味を楽しみたい方にオススメです。

☕味わいのチャート☕

Taste Memo

・酸味

よく冷やした梨やスイカのようなみずみずしい酸味

・香味

バニラフレーバー由来のバニラ

・コク

飲んだ瞬間の酸味が素早く切れるさっぱり味

カリタ社 グラウンドのみの展開

ダイヤル グラウンドのみの展開

ペーパードリップにより抽出

https://www.blackriflecoffee.jp/blogs/coffeeblog/how-to-paper-drip

☕オススメの飲み方☕

このコーヒー豆はバニラの香味をいかに生かせて上げるかが鍵となります。


意外にもホットで飲むよりもアイスで飲む方が筆者は好みでした。アイスで飲むことにより、酸味がまろやかでバニラの香りも楽しめ、まるでコーヒーと紅茶の中間に位置しているようなさっぱりと飲める飲み物を飲んでいるかのようでした。

以上、Taste Note Vol.3でございました。

今回は、新入荷のフレーバーコーヒーを紹介させていただきました。


最後までTaste Noteをご覧くださり誠にありがとうございます。



¥2,700


コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。