EST. 2014 - VETERAN OWNED AND OPERATED

COFFEE AND LIME UNITE IN THE REFRESHING CAFE GUILLERMO

カフェギレルモでコーヒーとライムが融合

夏が終わりましたが、午後は少々暑いと感じる時があります。


昼食後の元気をつけるための飲みものを探しているが、格好良くある必要がある場合、最善の解決策は何ですか?


当然の選択はコールドブリューまたはアイスコーヒーですが、さらにさわやか飲み物を欲している時があります。

カフェインとリフレッシュの両方を行う最も効率的な方法の1つは、カフェギレルモです。飲み物の起源は謎に包まれていますが、ギレルモは数枚のライムにエスプレッソを注いだショットで構成されています。


簡単ですよね?

このレシピは特にエスプレッソを必要としますが、これは当然のことながら物議を醸しています。


多くの方は、エスプレッソは小さいカップで苦いコーヒーをちょろっと飲むという認識だと思います。しかしながらこの小さなカップに注がれた液体は独特の化学組成を持っています。


典型的なブレンドコーヒーのカップと比較すると、エスプレッソはより濃厚で酸性度が低くなっています。


これは、激しい醸造プロセスと豆の焙煎方法の違いによるものです。

~カフェギレルモ~

材料

・エスプレッソ1杯分(7g~8gの極細挽きのコーヒー粉)

・ライムのスライス2枚(表面の農薬やワックス等が気になる場合は事前にライムをよく洗ってください。)


作り方

1.エスプレッソを抽出します。

2.ライムを投入し、1分間浸します。

3.ライムを取り除き、あとは楽しむだけです。

エスプレッソローストは通常​​、高温で深くまで焙煎されたアラビカ豆またはロブスタ豆から作られます。これは、豆に含まれている固有の酸を分解するのに不可欠なプロセスです。次に、このダークローストした豆を細かく挽くと、お湯に触れる表面積が大きくなり、豆をすばやく抽出できます。

コーヒーカウンターの後ろで働いたことがある人は、コーヒー豆を挽いて、ポルタフィルターに詰め、タンピングをし、エスプレッソを抽出するときの感覚を知っていると思います。


ペーパードリップやネルドリップのような重力に依存する従来の抽出方法とは異なり、エスプレッソは圧力(通常は9気圧)に依存して抽出を促進します。これにより、二酸化炭素の添加がオイルを拡大し、有名なクレマエスプレッソを作成するのに役立つため、小さなカップをより豊かにすることができます。

エスプレッソとライムを組み合わせると、ライムの酸味が酸性度の低いエスプレッソを強調し、コーヒーの苦みやフルーツの本来の甘さを強調します。朝または午後のコーヒーの代わりにカフェギレルモで、さわやかなカフェインブーストをお楽しみください。 

Writing translator

G-2

引用元:COFFEE OR DIE MAGAZINE

https://coffeeordie.com/cafe-guillermo/

BRITTANY RAMJATTAN

CONTRIBUTING WRITER

Brittany Ramjattan is a freelance writer with a background in film. Brittany is currently a graduate student at Stony Brook’s Television Writing program in Manhattan, and when she’s not slaving over her computer, she’s slaving over her French press, working on her perfect cup. 

Follow Brittany Ramjattan:

本国BlackRifleCoffee.comの記事を翻訳転載のため、効能を保証するものではございません。

記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。