EST. 2014 - VETERAN OWNED AND OPERATED

5 WAYS TO REUSE YOUR COFFEE GROUNDS

コーヒーかすを再利用する5つの方法

朝一番は最高のコーヒーで目を覚ましたいとは思いませんか?


コーヒーを淹れ、優雅にコーヒーと朝食を楽しむ…最高のお目覚めですね。


そして、朝食を食べ終え、コーヒーを抽出した機材を洗浄すると思います。


れた後の出がらしはそのままゴミ箱にぽいっ!としてしまいますよね。カフェインや成分を絞り出した後のカスにしか見えないかもしれませんが、本日はコーヒーの出がらしの秘められた力を紹介いたします。

出がらしを再利用する必要性

コーヒーは、液体に抽出すると私たちの体に大きな利益をもたらすのと同じように、出し殻には栄養分が豊富なことから、淹れた後もさまざまな方法で使用できます。 コーヒー業界では毎年2,300万トンの廃棄物が発生しているため、コーヒーかすのを再利用は、地球規模の問題としてみると微小かもしれませんが、効果的な方法のようです。 

肥料と堆肥化

コーヒー豆は、乾燥したコーヒーチェリーの核であり、収穫され、製粉され、焙煎されて、コーヒー1杯のベースとして利用できるようになります。コーヒー豆とはかつて種子だったため、植物が育つために必要なさまざまな栄養素が本来含まれています、窒素を豊富に含むタンパク質、複雑な炭水化物、リン、カリウム、マグネシウム、銅などが含まれます。 

しかし、これらの利点のほとんどは、朝の1杯のコーヒーに出てしまうと思いますよね?

そうではありません。


コーヒーの粉は、加工後でも多くの栄養素があり、焙煎後の抗酸化作用が高いことがよくあります。残留するタンパク質や炭水化物の他に、私たちは通常コーヒーを淹れるために水を使用しています。次に、トリグリセリドや脂肪酸鎖などの栄養価の高い撥水脂質は残します。これらすべての要因を組み合わせることで、コーヒーかすは酸を大好きな植物の成長 

を助けるために必要な栄養素をほとんどすべて持っていると言われております。簡易な肥料が必要になったときは、使用済みのコーヒーかすを土壌に混ぜるか、堆肥の山に加えてください。

ワームはコーヒーかすが大好き

釣りに行く人は、餌用ワームの床材を維持する苦労を知っているかもしれません。 非常に便利であり、コーヒーかすはワームを魚の餌と化す直前まで健康に保ってくれます。根拠自体は非常に栄養価が高く、ワームが他の栄養素を吸収するのを助けます。 非常にユニークな消化経路を持つワームは、食べるものの栄養素か完全に吸収するため砂嚢に石を必要とすることがよくあります。このように、ワームは消化を助けるためにざらざらする食品を探す傾向があり、コーヒーかすは、ワームを次なる水中旅行のための素晴らしい床材になります。

昆虫はコーヒーを嫌う

夏に外で過ごすことを楽しむ人にとって、コーヒーかすを使って蚊や他の厄介な昆虫を追い払うことは高尚ぶったやりかたのように思われがちですが、コーヒーかすは害虫を遠ざける優れた手段です。

なぜか?

カフェインは 生物学的に天然植物を保護する手段としても機能するのです。

最も機能的な意味では、カフェインは毒素であり、不気味な爬虫類を寄せ付けないのに効果的です。


使用済みのコーヒーかすを忌避剤として使用する場合は、専門家によると燃やして使うことを勧めています。 

そのためには、完全に乾燥させ、アルミホイルの上に置きます。 次に、地面に数滴のライターオイルを注意深く加え、それらに火をつけます。 ライターオイルを使いすぎると、地面がすぐに燃えてしまうことに注意してください。 また、ロングマッチまたはライターを使用して地面を点火すると、火傷を負うリスクが軽減されます。 

より良いお肉へと変貌

多くのグリルマスターは、コーヒーの粉でこすって肉を柔らかくしていますが、使用済みの粉でも同様の結果が得られます。 

使用済みの残りかすに含まれる酸もまた、刺激的な風味増強剤です。

コーヒーの粉を乾燥させたら、それをお好みのすりこむものに加えると肉が柔らかく仕上がります。

キノコにとって素晴らしい床材

多くのグリルマスターがすでに使用していることからもわかりますが、夏場に時間をかけたミッションを探している勇敢な冒険者にとって、使用済みのコーヒーかすはキノコを成長させるためにも使用できます。

従来の植生とは異なり、キノコは複数の層を成長させる必要があります。 キノコを育てるための栄養価の高い基質です。かなりの準備が必要ですが、十分な量のコーヒーの出がらしを保存できれば、試してみる価値があります。

成長プロセスを開始するには、使用済みのコーヒー粉を約5ポンド湿らせ、キノコの胞子を約1ポンド追加します。 それらをよく混ぜてから、フィルターパッチバッグを使用して、各バッグが約3分の2になるまで混合物を分けます。 混合物が置かれている場所の真上で、3〜5つの穴をつついて、十分な酸素を摂取できるようにします。 混合物に水を1日1回スプレーします。 1〜2週間でキノコの成長が見込めます。その場合は、より広いスペースのあるコンテナに移し、準備ができたら収穫することをお勧めします。

Writer

G-2


Translator

HISAKO ETOH

引用元:COFFEE OR DIE MAGAZINE

https://coffeeordie.com/reuse-coffee-grounds/

BRITTANY RAMJATTAN

CONTRIBUTING WRITER

Brittany Ramjattan is a freelance writer with a background in film. Brittany is currently a graduate student at Stony Brook’s Television Writing program in Manhattan, and when she’s not slaving over her computer, she’s slaving over her French press, working on her perfect cup. 

Follow Brittany Ramjattan:

本国BlackRifleCoffee.comの記事を翻訳転載のため、効能を保証するものではございません。

記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。